ナノ80S 冷房効率アップ(遮熱効果)30%でお悩み解決 UVカット効果でお悩み解決 飛散防止効果でお悩み解決

  1. トップページ
  2. 製品紹介
  3. ナノ80S

ナノ80S

マルチレイヤー“ナノ”は、可視光線を透過させてガラスの透明感を維持したまま、赤外線を92%もカットして日射による室温上昇を抑えます。日焼けや肌に有害な紫外線も99%以上カットします。

特徴

赤外線を90%以上カットして暑さを低減(Nano90Sは43%)/遮熱効果30%以上!/金属成分を含まないので自然な透明感/飛散防止(JIS A 5759の飛散防止性能を備えています)

ここがすごい!

1. 200層以上積層することにより、不要な波長を選択的に遮断

200層以上積層することにより、不要な波長を選択的に遮断

2. 透明効果

マルチレイヤー“ナノ”は、金属膜による反射がなく、ガラス色の美しい外観を維持できます。そして、反射による周辺環境への影響も最小限に抑えることができます。
透明感にすぐれているので、室内からは明るく澄み切った美しい眺望を確保できます。

3. すぐれた耐久性

すぐれた耐久性

マルチレイヤー“ナノ”は、金属膜を用いていないので、金属腐食をせず、耐久性にもすぐれています。

4. 携帯・TVなどの電波は透過

太陽光は電磁波の一部で、その太陽光の一領域が可視光線です。
紫外線より短波域は、大気に吸収され地表までは届きません。また、太陽光よりも長波域は電波と呼ばれ、携帯電話やラジオなど生活の中でさまざまに活用されています。
いままでの金属膜フィルムでは、全波長域でカットしてしまうため必要な電波に障害を与えてしまいます。
マルチレイヤー“ナノ”の超極薄多層技術は、熱源となる近赤外線だけを選択的にカットすることができ、可視光線を取り込み、同時に携帯電話などの電子機器をストレスなく使用することを可能にします。

5. 飛散防止効果

飛散防止効果

万一の時にも心強い飛散防止効果。
JIS A 5759 の飛散防止性能(A法衝撃破壊試験・B法層間変位破壊試験)の規格値を満足します。 万一地震などの災害時にガラスが割れても破片が飛び散らず、鋭いガラス片によるケガを防ぎます。

ショットバック試験 【JIS A 5759 記号A 及び ANSI Z 97.1】
落下高さ 30cm|合格

層間変異破壊実験【JIS A 5759 記号B】
地震の揺れで建物が変形し、「はめ殺し窓」に歪みが加わることを想定した実験。
窓枠の変形によって、ガラスは粉々に割れてしまった。しかし、割れたガラスをフィルムが支え、ガラス粉がわずかに散っただけで、ガラス片の飛散や落下は防いだ。

  • 東京ガラスフィルム事業協同組合員
  • ウインテックは、3Mジャパンの完全バックアップによりガラスフィルム施工のエキスパートとしてあなたの「安心」をお手伝いします!
  • 施工とイベントのブログ更新中
  • オーダーカーテンのウインテック

お問い合わせ

株式会社 ウインテック
〒224-0036
神奈川県横浜市
都筑区勝田南2-7-14-101
E-mail: film@winweb.jp
新築マンションのインテリアオプションを多数取り扱いしています。
エコな未来へ・・・フィルムで遮熱!エアコンの設定温度を28℃にしてエコ対策しましょう。設定温度を26℃→28℃にするだけで83gのCO2を削減できます。
ページトップへ